極度の緊張で萎縮し体が動かなくなる緘動(かんどう)

このエントリーをはてなブックマークに追加   

緘動(かんどう)とは?

緘動

場面緘黙の症状には、緘動(かんどう)を伴うことがあります。緘黙は、極度の緊張のまま体が硬直し不安が強いため押し黙ってしまう症状ですが、動きが鈍くなる緘動(かんどう)になる子がいます。体がフリーズしたように動かなくなります。

 

緘黙と同様に強いプレッシャーにより極端に動作が委縮し緩慢になります。どうして話せなくなるのか?どうして動けなくなるのか?本人でもわからない状態です。

 

そのため集団行動がとれなくなり孤立します。「内気な性格」「シャイで恥かしがり」「あがり症」や「パニック症候群」とも違います。話せなかったり動けないために友達との人間関係や学校での勉強に支障が出ることもあります。